診療のご案内

虎の門病院は、がん診療連携拠点病院として、がん診療に重点的に取り組んでいます。
患者さんを中心に、様々な診療科や、様々な職種のスタッフが、力を合わせて治療とケアを行うのが「チーム医療」です。
私たち臨床腫瘍科(腫瘍内科)は、その「チーム医療」の中で、「かじ取り役」を担う存在です。また、患者さんにとっては、「道案内役」を担う存在でもあります。
がんの疑いがあると言われた方、がんと診断された方、がんと向き合っている方、がんの治療で悩んでいる方、どうぞお気軽に、虎の門病院を受診してください。皆さんの支えになれるように、最善の医療とケアを提供します。

臨床腫瘍科で扱っている疾患

虎の門病院臨床腫瘍科は、様々な悪性腫瘍(がん)に対する薬物療法と緩和ケアを担当します。
悪性腫瘍であれば、どんな疾患も担当します。主に扱っているのは、乳がん、大腸がん、胃がん、食道がん、腎がん、膀胱がん、前立腺がん、胆道がん、膵臓がん、肺がん、卵巣がん、子宮頸がん、子宮体がん、頭頸部がん、甲状腺がん、骨軟部腫瘍(肉腫)、胚細胞腫瘍、原発不明がんなどです。
発生頻度の少ない稀な悪性腫瘍、診断がはっきりしない腫瘍、複数の悪性腫瘍が同時に発生した場合など、対応が難しい疾患についても積極的に取り組んでいます。

外来診療のご案内

虎の門病院臨床腫瘍科の外来受診を希望される方は、診療情報提供書を持参の上、午前は8時30分~10時30分まで、午後は14時30分までに当院初診受付までお越しください。

外来診療表
外来受診

セカンドオピニオンのご案内

虎の門病院臨床腫瘍科では、セカンドオピニオンにも積極的に取り組んでいます。治療方針についての意見をお聞きになりたい方、がんの治療で悩んでいる方、転院をお考えの方、セカンドオピニオン受診をご検討ください。
具体的な手続きについては、こちらをご覧ください。
診療のご案内

虎の門病院サイトへ

医療連携のご案内

当院外来受診や当院への転院をご希望の方で、お困りのことがあれば、当院総合相談センター・医療連携部までお問い合わせください。

お問い合わせ